服部真湖のオバジェン



<   2014年 05月 ( 1 )   > この月の画像一覧


広瀬先生のニットイベントに参加しました

こんにちわ。 

中高年女性の社会参加を応援するオバジェンプロジェクト担当です。

手作り、手仕事大好きな真湖さんですが 昨年のキルトフェスティバルで広瀬先生にご指導いただいたエマさんのウエディングドレス、すばらしかったですね。

今日は、広瀬先生が池袋のデパートに新しくオープンした手芸のお店のイベントに真湖さんはママさんと、1月に中東でお世話になったすてきな方たちと参加しました。
b0279181_2371712.jpg


いつもながら 広瀬先生のイベントは楽しいトークと おしゃれな作品づくりで 超人気!!
午前 午後とも54の椅子は満員、たくさんの立ち見もでるほどの人気です(^^)

参加者も中学生から80代以上の方までと幅広い女性たち。 編み物愛好者というと シニア女性が多いというイメージがありますが、連休のせいか、20代から30代の若い女性も多く参加されていました。
b0279181_2382842.jpg

広瀬先生のお話はユーモアいっぱいの名調子!
真湖さんとの出会いは豪華クルーズでのカルチャー教室とか。 
リッチな奥様たちに、ゆびあみレッスンが大人気だったそうです。

愛知万博では 格調高く『編み物は脳を活性化する!』という専門家といっしょに真湖さんとニットのイベントをしたエピソードを紹介してくださいました(^^)。

美貌と美声の持ち主でもある広瀬先生は『毛糸玉の唄』というオリジナルCDを出しておられるのですが その誕生の秘話を紹介してくださいました。

ある新聞にコラムを連載しておられた広瀬先生は、同じ紙面で作詞家の阿久悠さんのコラムを発見。
ご自身のコラムで 『阿久悠さんの北の宿からは すばらしい曲だけれど、『着てはもらえぬセーターを涙こらえて編んでます 』 という あの歌詞のせいで編み物のイメージが暗くなってしまったので ぜひ 編みものを明るく紹介する歌をつくってください 』 とお書きになったら、本当に つくってくださったのだそうです。

真湖さんは 今年も 8月に 仙台市で国際電脳七夕祭りの実行委員長を引き受けてくれました。

今年のテーマは 編み物xICTで復興を応援です! 広瀬先生もご出演くださることになりました

ぜひ ご期待くださいね!
by aubergine2011 | 2014-05-04 23:13


夢でつながる新たな絆