服部真湖のオバジェン



Make a Wish of Japan20周年記念パーティ

秋が深まってきたこの頃。お元気ですか?

Beautiful fall have come in Tokyo, Japan

オバジェンコーディネーターの近藤です。

10月26日(金) 真湖さんは東京アメリカンクラブで開催された難病と闘う子供たちの夢をかなえるお手伝いをしている国際的ボランティア団体のMake a Wish of Japan20周年記念パーティの司会ボランティアをしました。

Mako and I joined the 20th Anniversaty Party of "Make a Wish of Japan" at the Tokyo American Club on October 26 2012.

She moderate the party as a one of the volunteer.

Make a wish Foundation is wellknown oraganization .
They grant the wishes of children with life-threatening medical conditions to enrich the human experiecne with hope, strength and joy.-from website of Make A Wish Foundation.
ホームページはこちらです

Make a Wish of Japan

会場には、ディズニーランドからミッキーやミニー、ウルトラセブンも応援にきてくれ、盛り上がりました。

ご自身も闘病中の 大黒摩季さんのスピーチは大変 感動的なもので、胸に迫りました。

100才のボランティアの女性は  手作りのピエロの人形つくりをしておられます。
元気の秘訣は『笑顔に出会える楽しみを持つこと』だそうです。


Mako was impressed the voluneer women 100 years old! She handmade little doll of pierot.
Her passion comes form the smile of children she said.

b0279181_17345034.jpg


このドレスは留袖をリフォームしたもので 仙台のオートクチュール、アトリエAKIKOの武田さんがデザインしてくださいました。
着物のリフォームは最近ブームになっていますが、武田さんは ユニーバサルウエアの研究をされていて、高齢者が 体の不自由な方、誰でも 着やすい服をデザインされています。

アトリエ AKIKO 

b0279181_9262682.jpg

Mako's dress is made from KIMONO, traditional Japanese Dress. Ms.Akiko Takeda in Sendai City designed. She is making Universal Wear.

Her Universal wear is designed for the people with disabilities and the elderly who has difficulties to put the clothe alone. It is easy to put on and put off by themself.

And it is beautiful and easy to put on for everyone,too.

Make A Wish of Japan kindly awarded Mako.

This is a Star from Make A Wish of Japan and me.

by Noriko Kondo Coordinaor of Aubergine Project
b0279181_10322146.png


by aubergine2011 | 2012-10-27 09:27
<< 仙台発!武田彰子さんのユニバー... オバジェンをどうぞ よろしく!... >>


夢でつながる新たな絆