服部真湖のオバジェン



真湖さん手作りの雛人形 Handmade Hina Doll

東京国際キルトフェスティバルも無事終了!
たくさんの新しい出会いや、感動がありました。

なにより驚いたのは、来場者の多くが高齢女性で、20万人近い方が地方からおいでになるということです

手芸や手仕事の好きな方々は全国にたくさんおられることを実感しました。

この写真は、今回のために真湖さんが編んだウエディングドレスといっしょに展示されたきめこみの雛人形です。真湖さんは講座に通って、木目込み人形を習い、エマさんのためには段飾りの雛人形を手作りしたのですが、これは お母さんのためにつくった内裏雛です・
b0279181_9483066.jpg

東京国際キルトフェスティバルでは、すばらしい手作りの作品がたくさん展示されていましたが、その周辺には、ミシンメーカーの体験コーナーもありミシンが特別価格で展示即売されていて 大賑わい!!
最近のミシンは、高機能パソコンであります。画像データを入力すると、ミシンがそのように刺繍してくれるのですから、本当に魔法をみているようです(^^)
b0279181_9545740.jpg

喫茶コーナーでは佐賀のうれしの茶が出店していて、なんと有田焼の陶器市までありました。
こうした ここにくると、とってもお得!というのも女性たちに人気の秘密なのですね。
b0279181_9522364.jpg

by aubergine2011 | 2013-02-02 09:59
<< オバジェンヌが ”サンガ”に... 広瀬先生とトークショー Mak... >>


夢でつながる新たな絆